6月30日毎日新聞朝刊に掲載いただきました。

《令和2年6月30日毎日新聞朝刊》
連盟の活動も掲載下さいました。

公衆衛生の課題は、医療のみならず介護も日々切迫していることを特集してくれた毎日新聞さんに感謝します。

 連盟は、感染拡大の初期から介護現場への支援が後手に回っていることを訴えてきた。介護現場で働く方々は、自身の感染・家族への2次感染、そして利用者への感染拡大を日々心配し不安の中で業務に従事しています。そこへの支援(感染症の情報提供、予防・防護方法と用品の支給等)を訴えてきました。

 最近になり、大阪市も雨合羽の介護ヘ支給を開始されていますが、もっと早い対応が必要でした。

 第2波などが予想されていますので、その対策のためもさらなる活動が必要と実感いたします。

マスメディアで取り上げていただくことで市民の皆様の理解につながり、地域の皆さんと一緒に地域の公衆衛生力の向上を目指すことができます。